そうだったらいいのにな。公共交通、思いつきレベル改善案
鉄道会社さま、バス会社さま、自治体の交通・都市計画担当課さま。こんなことできませんかね。思いつくままに書いていますので、できそうなものと、無茶言うな、というものが混ざっていますがご容赦くださいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JR貨物さん、「ムーンライトながら」の代替やってくれませんか?
FC2ブログランキング参加中です。気に入っていただけましたら→右のアイコンをクリックしてください!


えーっと、無茶は承知ですけど。
JR貨物さん、「ムーンライトながら」の代替列車、走らせてくれませんか?


「はやぶさ・富士」が廃止になった14日のダイヤ改正で、「ムーンライトながら」と「ムーンライトえちご」が毎日運行から多客時だけの臨時列車になってしまいました。
春休みが終わるまで毎日運行されるので、メディアにもあまり注目されていませんが。

臨時列車への格下げの理由が、「多客時以外の利用者減少」だとか。
でも、ちょっと待ってくださいよ。

夜行高速バスの「ドリーム号」は、豪華シートの「プレミアム」から、格安な「超得割青春号」まで、様々なタイプのバスが花盛りじゃないですか。

東京都関西を結ぶ格安ツアーバスだって、毎日、何十便ものバスが東名高速を往ったり来たりしているじゃないですか。


需要がないから廃止だなんて、あり得ない理由ですよ。
旺盛なニーズがあるのに、JR各社さんが、そうした需要に応えるサービスを開発してこなかっただけ。
そりゃぁ、二者択一で比べれば、新幹線のほうがニーズが高いし儲かるでしょうから、そちらに投資を集中するのはわかりますけどね。

でも、困るんですよ。
新幹線は高い。とにかく高い。
高速バスは、渋滞で大きく遅れることがある。
「ムーンライトながら」は、少々時間がかかっても、安くて渋滞のない、安心できる列車だったのに。


案の定、「青春18きっぷ」の発売がないゴールデンウィークは、「ムーンライトながら」の運転がないようです。GWの時期に高速バスなんて、何時間かかるかわかったもんじゃない。

こうした列車の廃止は、「旅情」だの「郷愁」だのの問題にすりかえられがちですが、そういう捉え方はしてほしくないですね。
これだけの需要があるのになぜ廃止なのか。
そういう切り口で報じるメディアが1つぐらいはあってくれると嬉しいのですが。


とはいえ、JR東海さんや東日本さんに「安い夜行列車にもっと力を入れて!」なんて求めても、それは無理というものですよね。わかっていますよ。
新幹線に比べればまるで儲からないでしょうし、夜の職員手配だけでも大変でしょうし。

JR東海や東日本から見た、「ムーンライトながら」を走らせるデメリット(推測)。
深夜勤務の乗務員を、東海と東日本の両方が手配しなければならない。
沼津・富士・静岡などの途中駅で、毎晩、乗降客の対応をしなければならない。
これらのために高コストであるのに、得られる運賃は安い。


でも、考えてみると、東海道線から夜の列車が消えるわけではないのですよね。
「ムーンライトながら」を追いかけ、追い越してゆく、あの貨物列車の群れ。
あれ、どうにかならないものでしょうか。
貨物列車の後ろに、客車を何両かつなげるわけにはいかないのでしょうか?
現代版の「混合列車」。そんな考え方はできないでしょうか。

「ムーンライトながら」を廃止するかわりに、夜行貨物列車に客車を連結したら?

運転手さんは元々機関車に乗っていますから、コスト増にはならないですよね。

車掌さんは乗客のために新たに必要になるかもしれませんが、緊急時の対応だけを行う乗務員であれば、専門の車掌職でなくてもセコムかALSOKあたりに頼めば低コストで済みますよね。

そもそも都市間の夜行貨物列車は途中駅に停まらないので、途中駅の要員は要らないですよね。(静岡県内の停車駅利用の皆さん、ゴメンナサイ。)

電力その他のコストも、既に走っている列車への増結ですので、大したことはないですよね。



JR貨物さん、増収対策として、都市間の旅客輸送に乗り出してみてはいかがですか。いや、乗り出していただけませんか。
旅客会社さんが「やーめた!」と言っているのですから、もはや遠慮することはないでしょう。

貨物駅の立地が悪いのが欠点といえば欠点ですが、いくらでも工夫の余地はあるはず。常に定時運行ができることは高速バスにはない魅力ですから、競争力は十分にあるのではないでしょうか。


私の言っていることは酔っ払いのたわごとレベルかもしれない。それは自覚しています。
旅客輸送は、JR貨物のミッションではないですからね。

でもね。高速バスがあの手この手で乗客獲得に努力しているなか、利用を増やすための目立った工夫もなく、利用客が減るにまかせて、待っていたかのように「利用客が減少したので、やめます。」って、あんまりじゃあないですか。



「富士・はやぶさ」に比べれば少ないですが、「ムーンライトながら」のことを話題にしているブログもいくつか見かけました。んー、何とかならんものか。(未練たらたら)


 えちご・ながらサヨナラ乗車@プレイバック3
 ムーンライトながら号のその後を考えるブログ
 さよならの列車たち 2009春
 ひっそりと臨時化される「ムーンライトながら」、「ムーンライトえちご」
 09年度春ダイヤ改正―ムーンライトながら
スポンサーサイト




Copyright © そうだったらいいのにな。公共交通、思いつきレベル改善案. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。